逗子市議会議員 毛呂武史

盛夏

今夏は暑いがまとわりつくような湿気が少なく、特に夜は過ごしやすい。時々厳格条例が敷かれた海岸にも足を運ぶ。海水浴客全体のパイが激減している中で、海の家の苦戦も続いている。ビーチでアルコールが飲めず、持ち込みがなくなった分酒類の販売が好調かと思いきや、皆が店で飲むので、回転率が低下。パイの減少と合間って、売上が7割落ちているという。夏の2ヶ月で一気に商うとはいかないどころか建設費も出るかどうかだという。
  音楽のないビーチでは波音が引き立つ。悪くないとも思う。逗子海岸は静かでエコで文化芸術の香りがするというコンセプトを組合が市に提示して、市は海岸管理権を取得して、コンセプトに沿った海の家を峻別する。来夏からはそういう風にしてはどうかと思う。
  8月は通年予定がスカスカになるが、今年は公務党務に視察にと忙しい。地域活動もある。おまけに家をリフォームしているので日々せわしい。
 明日は月に一度のグランドシニアの皆さんとの懇親会がある。ゴミの有料化が話題になるかもしれない。この形を変えた増税案を9月議会で審議する。指定ゴミ袋が1リットル2円の根拠は何なのか。今から準備を進めたい。

タグ:日記
最終更新日:2014年08月06日

新着記事

トップページ
プロフィール
政治信条
facebook
line

後援団体「素心会」のご案内

素心→普段の考え。本心。いつわりのない心。飾らない心。借り物ではない言葉。
素心会とはみなさまとそういうお付き合いをさせていただく、毛呂武史の後援団体です。ぜひご入会ください。

事務局

所在逗子市小坪1-14-29
電話/FAX0467-23-7613
携帯090-2339-2920

年会費無料
特別賛助寄付金 一口3000円

横浜銀行逗子支店 (普)6065267
名義「素心会 代表毛呂武史」

「10000人の会」では、ミニ集会の開催をお願いしております。
何人様でも構いません。ぜひ毛呂武史に話をさせてください。

ページトップに戻る